メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日への備え

能登半島地震10年/上 官民で災害弱者支援 福祉避難所の教訓、輪島から /石川

福祉避難所の運営訓練で、高齢者役に声を掛ける施設スタッフ=石川県輪島市町野町の特別養護老人ホーム「みやび」で、金志尚撮影

 「福祉避難所の開設に取りかかります」

 輪島市町野町の特別養護老人ホーム「みやび」で今月12日、福祉避難所の運営訓練が市と共同で行われた。高血圧と認知症の高齢者2人を1次避難所から受け入れるという想定で、一連の手順をスタッフらが確認した。

 福祉避難所は高齢者や妊婦、乳幼児ら一般的な避難所で過ごすことが難しい人たちを対象にした災害対策基本法に基づく避難所。2007年3月25日の能登半島地震で全国で初めて開設された。

 輪島市は被災直後、国の要請を受け、介護老人保健施設1カ所を福祉避難所に指定した。発生10日後に開設…

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1369文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです