メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電

廃校舎を有効活用 旧峯口小の屋上で 有田川町 /和歌山

校舎屋上の南側屋根に設置された太陽光発電パネル=和歌山県有田川町提供

 人口減少などで小中学校の統廃合が相次ぐ有田川町は、2002年に廃止された旧峯口小学校(同町岩野河)の校舎屋上を使った太陽光発電を始めた。総工費は1260万円で、資源ごみの売却益や小水力発電などで積み立てた基金で全額を賄い、固定価格での売電収入により今後10年で回収する計画。廃校舎の増加は、全国の過疎地域で課題となっており、利用例として注目されそうだ。

 鉄筋コンクリート造り2階建ての校舎は、旧金屋町時代の1986年に完成した。建築基準法の耐震基準もク…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです