メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

世界選手権 マラソン代表、重友選手「経験を強みに」 /岡山

健闘を誓い、武冨豊総監督(左)と握手を交わす重友梨佐選手=岡山市北区表町2の天満屋本社で、高橋祐貴撮影

 陸上の世界選手権(8月、ロンドン)女子マラソンの代表選手に17日決まった天満屋の重友梨佐選手(29)は北区表町2の天満屋本社で取材に応じ、「経験を強みに、狙うタイムと順位のイメージをしっかり描きながら調整を進めていく」と力強く抱負を語った。

 重友選手は1月の大阪国際女子マラソンで2時間24分22秒…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. 全長18.5メートルの巨大クジラ漂着 死因不明 福井・美浜町の海岸

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです