メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

安全処理装置から脱せよ=安冨歩・東京大東洋文化研究所教授(社会生態学)

 毎日新聞の2月11日朝刊に「夫婦の半数セックスレス」という記事が出ていた。これは2年に1回行われる調査で、「婚姻関係にある男女のセックスレスは47・2%。前回調査より2・6ポイント増え、過去最高だった」とある。

 「イエ」が日本社会の根幹だとして、同性婚はおろか選択的夫婦別姓にさえ反対し続ける保守派の政治家が、この深刻なニュースになんの反応もしていないのが実に奇妙である。彼らもまたセックスレスなので、不思議とも大変だともなんとも思わないのだろうか、などと勘ぐってしまう。

 気になったのは、それが掲載されている場所である。私が見た紙面では28ページ「総合・社会」面といわれるところであった。同じ調査の2年前と4年前の記事は共に「くらしナビ」面に出ていた。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです