メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

西村賢太さん、新境地示す小説集『芝公園六角堂跡』 分身の作家、突き抜ける個性

作家、西村賢太さん(左)と、その作品を愛読する女優の南沢奈央さん=東京都内で

 「欲も得もなく、読み手の存在なんか考えない。右顧左眄(うこさべん)せず、文学青年のたわ言を80歳まで書き続けたい」。作家、西村賢太さん(49)が語る。新刊の連作小説集『芝公園六角堂跡』(文芸春秋)で作風の幅を大きく広げてみせた。

 北町貫多は私小説作家。西村さんの分身であり、その小説で主役を張り続ける俗悪な人物だ。2015年2月のある夜、貫多はあこがれのミュージシャンのライブを聴きに東京タワーに近い高級ホテルを訪れ、豊かな音楽世界を堪能して外に出た。貫多は文学上の師に対して<甚だ顔向けのできぬ思い>を抱いている。少し歩いて芝公園の一角に立つ。そこは自ら「没後弟子」として敬愛する私小説作家、藤澤清造(1889~1932年)が凍死した場所。<何(な)んの為(ため)に書いているかと云(い)う、肝心の根本的な部分を見失っていた>

 それは、11年に『苦役列車』で芥川賞を受賞し、破滅型私小説の系譜を継ぐとして時の人となった西村さん自身の思いを映す。「それまで月命日の29日には何があっても清造の石川県のお墓に参っていたのですが、テレビの仕事を優先することがあって……。貫多が芝公園に行く場面は自動筆記というか、一気呵成(かせい)に書きました」

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです