クリミア編入3年

先住民族指導者「露は占領反対者抑圧」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
クリミア半島の先住民族クリミア・タタール人を率いる指導者、リファト・チュバロフ氏。壁の写真はタタールの古都の風景=キエフの民族組織本部で、真野森作撮影
クリミア半島の先住民族クリミア・タタール人を率いる指導者、リファト・チュバロフ氏。壁の写真はタタールの古都の風景=キエフの民族組織本部で、真野森作撮影

 【キエフで真野森作】2014年3月にロシアのプーチン政権がウクライナ南部クリミア半島の編入を強行してから18日で3年。当初から編入反対を訴えてきた先住民族クリミア・タタール人の指導者リファト・チュバロフ氏(59)が拠点とするキエフで取材に応じ、「主要各国の政治家は自国民を守りたいのであれば、クリミアやウクライナをロシアから守ることから始めるべきだ。妥協は更なる侵略を導く」と訴えた。

 「クリミアではロシアの占領に反対する人々に対する抑圧が続いている。これまでに5万人近くが半島の外へ逃れた。ロシアの兵役を拒んで脱出した若者も多い」。タタールの民族組織「メジュリス」議長でウクライナ国会議員も務めるチュバロフ氏は指摘する。自身は14年夏以降、ロシアによって帰郷を阻まれている。

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文817文字)

あわせて読みたい

注目の特集