メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花見

大好き 青森県民の予算全国一 時間や回数でも上位

大勢の花見客が繰り出した弘前公園=2016年4月24日、足立旬子撮影

ウェザーニューズの全国調査

 青森県民は花見が大好き--。気象情報会社「ウェザーニューズ」(本社・千葉市)が16日に発表した花見に関する全国調査で、青森県民が花見にかける予算が全国で最も多いことが分かった。花見の時間や回数など他の項目でも上位に入り、花見を愛する県民性がうかがえる結果となった。

 調査は、同社のスマートフォンアプリ利用者7万3332人から回答を得た。その結果、県民が花見にかける予算は3167円で、全国平均よりも930円高かった。2位に岩手(2919円)、3位には宮崎(2842円)が続いた。青森は過去4回トップに立っており、花見の出費を惜しまない傾向が見られる。

 他にも4項目で上位を記録。「花見の時間」(2.3時間)が3位、「何時間前に花見の場所取りをするか」(5.1時間前)、「花見に行くまでの所要時間」(2.9時間)がともに4位。「今年は何回行きたいか」(1.7回)が7位だった。【一宮俊介】

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです