メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ニシキゴイ

新潟県が鑑賞魚指定へ 水産物と一線、美術品

新潟県庁玄関に設置されている水槽のニシキゴイを見る来庁者=米江貴史撮影

 新潟県長岡市山古志地区や小千谷市などで飼育・出荷されているニシキゴイが県のシンボルとして「鑑賞魚」に指定されることになった。検討委員会(座長・菅豊東大教授)が17日、米山隆一知事に提言。米山知事は「指定に向けて速やかに手続きを進めたい」と述べた。

 県はチューリップ(花)▽トキ(鳥)▽ユキツバキ(木)▽ユキワリソウ(草花)--をシンボルに指定している。魚の指定はなく、コイの養殖組合などによる「県魚・錦鯉を目指す会」が2015年10月から延べ約11万人の署名を集めて県議会に請願。昨年9月の県議…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文621文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 北朝鮮がミサイル発射か 日韓GSOMIA破棄通告翌朝に

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです