生態観察

ジャポニカ表紙の写真家「虫のタフさ学んで」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
世界中の昆虫を撮影してきた山口進さん=山梨県北杜市で2017年3月9日、浜名晋一撮影
世界中の昆虫を撮影してきた山口進さん=山梨県北杜市で2017年3月9日、浜名晋一撮影

山口進さんが「珍奇な昆虫」出版 300点を収録

 昆虫で有名な「ジャポニカ学習帳」の表紙写真を長年撮り続けてきた自然写真家の山口進さん(69)が、昆虫のユニークな生態を写した写真を集めた著書「珍奇な昆虫」(光文社新書)を出版した。著書には30年にわたって撮りためた300点近い写真を収録している。山口さんは「若い世代に生き物同士のつながりや、虫のタフさを学んでほしい」と話している。【浜名晋一、岡本同世】

この記事は有料記事です。

残り1385文字(全文1586文字)

あわせて読みたい

注目の特集