メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生態観察

ジャポニカ表紙の写真家「虫のタフさ学んで」

世界中の昆虫を撮影してきた山口進さん=山梨県北杜市で2017年3月9日、浜名晋一撮影

山口進さんが「珍奇な昆虫」出版 300点を収録

 昆虫で有名な「ジャポニカ学習帳」の表紙写真を長年撮り続けてきた自然写真家の山口進さん(69)が、昆虫のユニークな生態を写した写真を集めた著書「珍奇な昆虫」(光文社新書)を出版した。著書には30年にわたって撮りためた300点近い写真を収録している。山口さんは「若い世代に生き物同士のつながりや、虫のタフさを学んでほしい」と話している。【浜名晋一、岡本同世】

この記事は有料記事です。

残り1385文字(全文1586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです