コーヒートリビア

米で人気の日本人ブロガー本が逆上陸

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京都渋谷区の「キャメルバック」でコーヒーを飲む岩田リョウコさん=中嶋真希撮影
東京都渋谷区の「キャメルバック」でコーヒーを飲む岩田リョウコさん=中嶋真希撮影

 アメリカで人気の日本人ブロガーがいる。シアトル在住で、コーヒーにまつわるトリビアをインフォグラフィックで表現したブログ「I love coffee」を運営する岩田リョウコさんだ。2012年にブログを開設すると、わずか2カ月でメディアに取り上げられ、月間150万ページビュー(PV)のサイトに成長した。15年に出版した本は、米アマゾンのランキングで1位を獲得。2月には同書を日本語に訳した「シアトル発 ちょっとブラックなコーヒーの教科書」(ガイドワークス・1598円)を出版した。子供のころ、お茶と間違えてコーヒーをご飯にかけて食べてしまった経験から「コーヒーは苦手だった」という岩田さんが、いまや世界でも有数の「コーヒー好き」になったきっかけとは?【中嶋真希】

 「うん、おいしい。もう一杯飲もうかな」

この記事は有料記事です。

残り1666文字(全文2017文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集