メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界マラソン

安藤友香ら代表決まる 男女各3人

名古屋ウィメンズマラソンで日本勢トップの2位でフィニッシュし、初マラソンの日本記録を更新した安藤友香=名古屋市東区のナゴヤドームで2017年3月12日、兵藤公治撮影

 日本陸上競技連盟は17日、東京都内で理事会を開き、8月の世界選手権ロンドン大会のマラソン代表男女各3人を決めた。女子の名古屋ウィメンズで日本歴代4位と初マラソン日本歴代最高となる2時間21分36秒をマークした安藤友香(スズキ浜松AC)らが順当に選ばれた。

 男子は、選考会4レースで最高タイムを出した24歳の井上大仁(MHPS)、福岡国際で積極的な走りで3位に入った市民ランナーの川内優輝(埼玉県庁)、別府大分毎日で優勝した2012年ロンドン五輪6位の中本健太郎(安川電機)が名を連ねた。

 女子は、名古屋ウィメンズで日本人1、2位を占めた安藤と清田真央のスズキ浜松AC勢、大阪国際女子で優…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです