東日本大震災

福島第1原発事故 避難解除間近の3町村 介護の広域連携進まず /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
県内各地で開かれている介護人材の就職相談会も参加者の姿はまばらだ=南相馬市原町区で
県内各地で開かれている介護人材の就職相談会も参加者の姿はまばらだ=南相馬市原町区で

施設の職員確保難しく 周辺市町村も人手不足

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が今月末から相次ぎ解除される浪江、富岡両町と飯舘村で、住民帰還の大きな障害になっているのが高齢者介護施設の不足だ。3町村は住民の需要に応じるため、周辺市町村の施設に受け入れを求めている。しかし、各施設とも介護士や看護師の確保に苦しみ、新たな入所者を迎えられる状態ではない。介護の「広域連携」も人手不足に阻まれているのが実情だ。【大塚卓也】

 浪江町幾世橋の介護老人保健施設「貴布祢(きふね)」は、震災前は町内に2カ所あった入所型施設の一つだ。運営する医療法人伸裕会(新地町)の担当者は「今後も再開はしない方針を町に伝えた」と話す。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1089文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集