メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津和地小学校

双子卒業、島唯一の学校、休校に 松山

手形板を完成させた(左から)竿尾舞さん、窪優希教諭、竿尾翼さん。卒業記念で植えたキンカンの木の根元に置く=松山市津和地の津和地小で2017年3月6日午前11時5分、黒川優撮影

 松山市の沖合約30キロの瀬戸内海に浮かぶ津和地(つわじ)島にある市立津和地小学校で23日、たった2人の在校生が卒業する。島で生まれ育った双子の6年生、竿尾(さお)翼さん(12)と舞さん(12)で、春からは寮生活をしながら島外の中学校で学ぶ。小学校は島唯一の学校で、きょうだいの卒業で小学校は休校となる。【黒川優】

 島は周囲約12キロ、人口約270人で、津和地小は1873年に開校。漁業で島が栄えていた1958年は…

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文797文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです