メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一作入魂

シンプルなデザインで若者魅了 愛知・東浦町「カリモク家具」小島敏彦さん(53) /愛知

 愛知県東浦町「カリモク家具」が1960年代に製作し、シンプルなデザインと丈夫なつくりで今も若者たちを魅了している家具がある。同社の復刻ブランド「カリモク60(ロクマル)」のKチェアだ。

 元々は木工所として、ミシンやピアノの部品などの木工製品を下請けしていたが「自分たちのブランドを持ちたい」と家具の分野に進出。62年に国内向けの自社製品第1号として誕生したのがKチェアの原型となる布張りの木肘椅子だった。畳の和室から洋室が増え、住宅事情が大きく変化していた時期だったこともあり、多くの家庭の応接間に置かれるようになった。

 大きな転機を迎えたのは2000年。その頃のKチェアは、修理の簡単さや価格の安さなどから学校の職員室…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです