プロ野球

川上憲伸、引退表明「リハビリうまくいかず」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
川上憲伸投手=2015年10月、大谷津統一撮影
川上憲伸投手=2015年10月、大谷津統一撮影

 元中日で、米大リーグのブレーブスにも所属した川上憲伸投手(41)が19日、現役引退を表明した。2015年9月に右肩を手術。同年に中日を退団した後は、無所属のまま復帰を目指していた。

 川上は取材に「リハビリを続けてきたが、うまくいかなかった。プロ野球の開幕の前にすっきりしようと思った」と話した。

 川上は徳島商高、明大を経てドラフト1位…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文320文字)

あわせて読みたい

ニュース特集