メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

露サイバー攻撃 FBI「トランプ陣営を捜査」 長官、異例の言及

 【ワシントン朴鐘珠】昨年の米大統領選にロシアがサイバー攻撃で介入したとされる問題で、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は20日に開かれた下院情報特別委員会の公聴会で、ロシア政府とトランプ米大統領の陣営が協力した可能性を昨年7月から捜査していると明らかにした。

 トランプ氏のライバルのクリントン陣営の電子メールが内部告発サイト「ウィキリークス」に暴露された時期と重なり、FBIが早い段階から、トランプ陣営とロシア政府とのつながりを疑っていたことが示された。

 機密情報に関する捜査の進展状況をFBIが公にするのは極めて異例で、コミー氏は「一般国民の関心が高い…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文814文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  4. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです