メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「大魔神」の撮影に当たって、さまざまな大きさの大魔神が用意された。4・5メートルの実寸大の全身、2メートルほどの着ぐるみ、顔や手足などの部分。素材や質感を工夫して造形したのは高山良策だ。大映の「釈迦」「あしやからの飛行」などを担当し、後にウルトラマンの怪獣など多くを手がけることになる。

 着ぐるみに入ったのは、俳優の橋本力だった。プロ野球の大毎から大映入りした変わり種。毎日オリオンズ(後の大毎)に入団したものの、けがに苦しみ1958年に引退、誘われて俳優に転じた。ちなみに、入れ替わるように阪神から大毎に移籍したのが田宮謙次郎。永田雅一大映社長はこの名選手にぞっこんで、撮影所でくすぶっていた新人俳優の柴田…

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文764文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです