メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンへの発言

キーワード 村上春樹と又吉直樹=中森明夫

 村上春樹と又吉直樹--現在、我が国でミリオンセラーとなる純文学作家は、この二人だけだろう。先ごろ、共に新作小説を発表した。並べて評してみたい。

 村上春樹の『騎士団長殺し』は全2巻、1000ページ強の大長編で初回配本130万部! ボージョレ・ヌーボーさながらの発売日カウントダウンがニュースにもなった。妻に離縁された30代半ばの肖像画家の物語だ。山中の一軒家に移り住み、高名な日本画家の未発表作品「騎士団長殺し」を屋根裏で発見したことから異界へと誘(いざな)われる。別れた妻・奇妙な(名前の)知人・謎の美少女・異形の(メタファー的)キャラ・穴を潜る地下世界の冒険……とラーメンで言えば(村上春樹)具材「全部入り」の満腹感だ。文章は洗練されて読みやすく、音楽・美術・料理・車・ファッション等の知見が披露され、南京大虐殺やナチス等の歴史が絡む。ジブリ映画的なクライマックスを盛り上げる。

 村上春樹は文壇やマスメディアと距離を置き、小説執筆に専念して、数年に一度の長編作品を発表し多大な読…

この記事は有料記事です。

残り1209文字(全文1650文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです