WBC

米国戦、菅野に託す 監督「一番いい投手」 あす準決勝

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
準決勝の米国戦を前に、キャッチボールをする菅野=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2017年3月20日、久保玲撮影
準決勝の米国戦を前に、キャッチボールをする菅野=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2017年3月20日、久保玲撮影

 <2017 WORLD BASEBALL CLASSIC TOKYO pool presented by Asahi>

 【ロサンゼルス細谷拓海】野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表「侍ジャパン」の公式記者会見が20日、当地のドジャースタジアムで行われ、小久保監督は21日午後6時(日本時間22日午前10時)試合開始の準決勝・米国戦で菅野(巨人)を先発登板させることを発表した。強敵相手となるが、小久保監督は「勝つためにするのが戦(いくさそのつもりでやる」と抱負を述べた。チームは、約1時間半の公式練習で最後の調整を行った。

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1433文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集