メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・17年とうほく

県の「子ども内部被ばく調査」 事業継続の可否、判断へ /岩手

協力者年々減少 今年度初の1桁台に

 東京電力福島第1原発事故を受け、県が2011年度から実施している子どもの内部被ばくに関する健康影響調査で、調査に協力してくれる人が減っている。今年度は初めて2桁を割る8人となった。県の有識者会議は調査不要の意見でまとまっており、県は来年度に対象者の意向を聞き、事業を続けるか判断する。

 県は11年当時、15歳以下の希望者を対象に調査を始めた。自宅で原則2日以上連続して計2リットル以上…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 熊谷6人殺害 「残虐な犯行」ペルー人被告に求刑通り死刑

  4. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  5. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです