メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

侍、あす準決勝米国戦

 <2017 WORLD BASEBALL CLASSIC>

 【グレンデール(米アリゾナ州)細谷拓海、田中義郎】野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で準決勝に進んだ日本代表「侍ジャパン」は19日(日本時間20日)、当地で米大リーグ・ドジャースと練習試合を行い、2-3で逆転サヨナラ負けした。18日のカブス戦に続いて準決勝前の練習試合は2連敗。日本は同点の六回に中田(日本ハム)の適時打で勝ち越したが、2-1の九回から登板した松井裕(楽天)が2死から2点二塁打を許した。前日のカブス戦に続き、内川(ソフトバンク)が体調不良で欠場した。チームは試合後、準決勝・決勝の舞台ロサンゼルスへ移動。20日(日本時間21日)に会場のドジャースタジアムで公式練習を行い、21日午後6時(同22日午前10時)からの準決勝・米国戦に備える。米国の先発は19日、右腕ロアーク(ナショナルズ)と大リーグ公式サイトに報じられた。ロアークは昨季、自己最多16勝(10敗)をマーク。防御率2・83でチームのナ・リーグ東地区優勝に貢献した。

この記事は有料記事です。

残り1182文字(全文1655文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです