メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド碁大会

日中韓の代表棋士3人とAI、対局始まる

開幕した「ワールド碁チャンピオンシップ」で対局する本因坊文裕(井山裕太九段)。左は韓国代表の朴廷桓九段=大阪市北区で2017年3月21日午前10時半、加古信志撮影

 日中韓の代表棋士3人とAI(人工知能)代表の囲碁ソフトの4者で争う初の世界戦「ワールド碁チャンピオンシップ」(日本棋院主催)が21日午前、大阪市北区の同棋院関西総本部で始まった。3日間にわたる総当たりのリーグ戦で、初日は本因坊文裕(もんゆう)(27)=井山裕太九段=対朴廷桓(パク・ジョンファン)九段(24)=韓国▽羋※廷(み・いくてい)九段(21)=中国=対「DeepZenGo」の組み合わせ…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです