メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローマ字

表記で混乱 英語教科化、教員ら「一本化を」

訓令式とヘボン式の主な違い

 2020年度から実施される学習指導要領改定案に基づき、小学校のローマ字教育が従来の国語だけでなく、新たに教科化される英語でも始まる。ローマ字には「ち」を「ti」と表記する訓令式と「chi」と書くヘボン式があり、使い分けに混乱する児童もいることから、教育現場から「どちらかに一本化してほしい」との声も上がっている。

 ローマ字は小学3年の国語の授業で習うことになっている。読み書きのほか、情報通信技術(ICT)教育の…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1093文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです