香川・警察犬

あの「きな子」が死んだ 14歳、老衰で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
試験に挑戦するきな子=香川県丸亀市の県警察犬訓練場で2010年11月3日、中村好見撮影
試験に挑戦するきな子=香川県丸亀市の県警察犬訓練場で2010年11月3日、中村好見撮影

 警察犬試験に6年連続で落ちながらも、そのひたむきな姿が広く愛された香川県警の元嘱託警察犬「きな子」が20日、死んだ。14歳だった。丸亀警察犬訓練所(同県丸亀市)によると、老衰とみられる。

 きな子は2002年5月生まれの雌のラブラドルレトリバー。きな粉のような色の毛から命名された。警察犬になるため、04年から…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

あわせて読みたい

注目の特集