メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『昭和の店に惹かれる理由』井川直子・著

人間を主役にせず 空間と味を継いでいく

◆『昭和の店に惹かれる理由』井川直子・著(ミシマ社/税抜き1900円)

 染め分けもくっきり、布地もぱりっとした暖簾(のれん)。長いこと使われているカウンターの、頼りがいある重厚さ。地味な色調ではあるのに、とても眩(まぶ)しいものとしてこちらの目に映るもの。

 東京の鮨(すし)屋、おでん屋、秋田のバーなど、食べもの飲みものを扱う10軒の店の主(あるじ)に聞いた話から成る『昭和の店に惹かれる理由』は、その眩しさの理由を探る本だ。

 昭和の店。つまり、少なくとも30年以上は営まれているに違いない。ただ、店は、森にある木や海辺の岩と…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです