メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『昭和の店に惹かれる理由』井川直子・著

◆『昭和の店に惹かれる理由』井川直子・著(ミシマ社/税抜き1900円)

 染め分けもくっきり、布地もぱりっとした暖簾(のれん)。長いこと使われているカウンターの、頼りがいある重厚さ。地味な色調ではあるのに、とても眩(まぶ)しいものとしてこちらの目に映るもの。

 東京の鮨(すし)屋、おでん屋、秋田のバーなど、食べもの飲みものを扱う10軒の店の主(あるじ)に聞いた話から成る『昭和の店に惹かれる理由』は、その眩しさの理由を探る本だ。

 昭和の店。つまり、少なくとも30年以上は営まれているに違いない。ただ、店は、森にある木や海辺の岩とは違って、ただ自然に任せ、年月が過ぎるのに寄りかかっていれば育ち磨かれるものではない。律義さや愚直さ、あるいは頑(かたく)なさをもって、人がめんどうをみてこそ、あの眩しさがおもてにあらわれるのだから。店を磨くための、昭和的なやりかたは「わかりやすさもなければ合理的でもなく、じつはそんなに自由でもない…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文925文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. レバノン首都爆発「何らかの爆弾」 トランプ氏、詳細言及せず

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです