メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

今なぜ「バブル」ブーム? 自由と華やかさに憧れる20代女性たち

「バブルの聖地、ギロッポンに来ました!」。東京・六本木での初ライブで、ジュリ扇を振って観客と盛り上がるアイドルグループ「ベッド・イン」=東京都港区で2017年3月19日、猪飼健史撮影

若者には派手で元気な「異文化」 重くて息苦しい時代の逃避願望?

 1980年代後半から90年代前半のバブル時代前後の文化を再現するお笑いネタやイベントが最近、ウケている。アラフィフのバブル世代が昔を懐かしんでいるのではない。再現イベントを楽しんでいるのは、当時を知らない20代女性たちのようで……。ブームの真相を追った。【田村彰子】

 「あの頃の熱量を、みなさんにお届けしたいと思っています!」。大阪市内のショッピングモール。バブル文…

この記事は有料記事です。

残り2810文字(全文3025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです