メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

今なぜ「バブル」ブーム? 自由と華やかさに憧れる20代女性たち

「バブルの聖地、ギロッポンに来ました!」。東京・六本木での初ライブで、ジュリ扇を振って観客と盛り上がるアイドルグループ「ベッド・イン」=東京都港区で2017年3月19日、猪飼健史撮影

若者には派手で元気な「異文化」 重くて息苦しい時代の逃避願望?

 1980年代後半から90年代前半のバブル時代前後の文化を再現するお笑いネタやイベントが最近、ウケている。アラフィフのバブル世代が昔を懐かしんでいるのではない。再現イベントを楽しんでいるのは、当時を知らない20代女性たちのようで……。ブームの真相を追った。【田村彰子】

 「あの頃の熱量を、みなさんにお届けしたいと思っています!」。大阪市内のショッピングモール。バブル文…

この記事は有料記事です。

残り2810文字(全文3025文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 風知草 バイカル湖に寄せて=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです