WBC

準決勝・米国戦 日本、熱投菅野に涙雨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-米国】先発し6回1失点と好投した日本の菅野=久保玲撮影
【日本-米国】先発し6回1失点と好投した日本の菅野=久保玲撮影

 <2017 WORLD BASEBALL CLASSIC>

 【ロサンゼルス田中義郎】日本は雨の中の戦いを制することはできなかった。野球の第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝の残り1試合が21日(日本時間22日)に行われ、2009年の第2回大会以来の優勝を狙った日本(2次リーグE組1位)は、初制覇を目指す米国(F組2位)との接戦を1-2で落とし、13年の前回大会に続き準決勝で戦いを終えた。

 米国は四回、2死一、二塁からマカチェンの適時打で先制。日本は六回、1死から菊池の右越えソロで同点とした。米国は八回、日本の2番手・千賀(ソフトバンク)を攻め、1死から連打で二、三塁としてA・ジョーンズの三ゴロの間に1点を勝ち越した。日本は八回、2死一、二塁で筒香が右飛に倒れた。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1279文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集