メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外宍戸錠さん死去「エースのジョー」「渡り鳥」シリーズ
公示地価

20年連続で下落 商業地、上昇地点なくなる /岩手

 21日に公表された2017年の県内の公示地価(1月1日時点)で、県全体(住宅地・宅地見込地・商業地・工業地)の平均は0・8%下落し、20年連続のマイナスとなった。住宅地は0・4%、商業地は1・8%の下落で、いずれも昨年と同程度の下落幅。商業地では、東日本大震災からの復興事業の進展に伴う関連業者の撤退などにより、昨年沿岸部で見られた上昇地点がなくなった。【佐藤慶】

 地価公示は、適正な地価の形成を目的とし、一般の土地取引の指標となる。県内の調査対象は、昨年より3地…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文976文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです