メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

住宅地3年ぶり上昇 工業地、入間で全国トップも /埼玉

 国土交通省は21日、2017年1月1日時点の県内の公示地価を発表した。平均変動率は住宅地が前年比0・1%上昇で、3年ぶりにプラスに転じた。商業地は同0・8%上昇、工業地は同2・3%上昇で、ともに4年連続のプラス。工業地の県内上昇率トップである入間市の圏央道入間インターチェンジ(IC)近くの武蔵工業団地内の地点は同10・3%上昇で、率は全国トップを記録した。(25面に地価一覧表)

 住宅地は、都心への交通の便が良い県南地域を中心に上昇。特に駅から徒歩圏にある地点の需要が堅調だった。変動率上位3地点はいずれも都心への通勤・通学に便利な浦和駅や武蔵浦和駅の周辺。県北・秩父地域では下落傾向が続くも、下落幅は縮小した。

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです