メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なら歳時記

大和の薬文化(御所市) 息づく先人たちの情熱 /奈良

 もうすぐ新年度。「健康に気を付けて、新たな気持ちで頑張ろう」という気持ちがわいてくる。古代より、海外からさまざまな思想や技術を学んだ奈良では、薬についても先人たちが文化を育てた。薬に携わる人たちの苦労や情熱を知ろうと産地の一つ、御所市を訪ねた。【藤本柳子】

 JR和歌山線掖上駅から南へ10分ほど歩くと、「三光丸(さんこうがん)クスリ資料館」(御所市今住)にたどり着く。「三光丸」は、運営する製薬会社の名前であり、看板商品名。4種の生薬が配合された胃腸薬で、今でも「置き薬」方式で販売される。約700年前から、米田(こめだ)一族が作り続けてきたという。「『捨てられない』家系だったようで蔵にはモノがいっぱい。充実した資料館ですよ」。館長の浅見潤さん(61)が迎えてくれた。

 米田家は鎌倉時代、御所市などで春日大社の荘園を管理した越智氏の分家筋で、興福寺ともつながりが深かっ…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1238文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです