メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

放射性物質検査の見直し 冷静に対処を=農業ジャーナリスト・青山浩子

 2017年4月から、食品中の放射性物質検査が縮小される。東京電力福島第1原発事故以来、放射性セシウムの濃度が前年度に1キロ当たり100ベクレルを超えた食品群などを中心に、17都県で検査がおこなわれている。

 15年度に実施した検査点数は約26万に及び、100ベクレルを超えた食品は264点。比率は0・1%と少ないが、食品群による差はある。栽培者がセシウムの低減対策をとるなど飼養管理が可能な食品では、基準超えはごくわずかだ。一方、野生のキノコ類や山菜など栽培者による管理が困難な食品は、管理可能な食品に比べて基準超えの割合が高い。

 国が3月中に示す新たなガイドラインにもこうした状況が反映される。飼養管理が可能な食品群のうち基準値の半分である50ベクレルを3年連続下回った食品群は、検査廃止を視野に入れる。一方、飼養管理が困難な食品は従来通りの検査を続けるという。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです