メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

放射性物質検査の見直し 冷静に対処を=農業ジャーナリスト・青山浩子

 2017年4月から、食品中の放射性物質検査が縮小される。東京電力福島第1原発事故以来、放射性セシウムの濃度が前年度に1キロ当たり100ベクレルを超えた食品群などを中心に、17都県で検査がおこなわれている。

 15年度に実施した検査点数は約26万に及び、100ベクレルを超えた食品は264点。比率は0・1%と少ないが、食品群による差はある。栽培者がセシウムの低減対策をとるなど飼養管理が可能な食品では、基準超えはごくわずかだ。一方、野生のキノコ類や山菜など栽培者による管理が困難な食品は、管理可能な食品に比べて基準超えの割合が高い。

 国が3月中に示す新たなガイドラインにもこうした状況が反映される。飼養管理が可能な食品群のうち基準値…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文721文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府、大阪府立大と大阪市立大の学費を実質無償化へ

  2. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  3. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  4. 明石市が養育費「泣き寝入り」救済条例を検討 市が支払いを命じ、従わない場合は氏名公表も

  5. 千葉大 年間授業料10万円引き上げ 20年度入学から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです