WBC

きょう米国戦 侍、先発攻略カギ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で準決勝への意気込みを語る小久保監督=久保玲撮影
記者会見で準決勝への意気込みを語る小久保監督=久保玲撮影

 <2017 WORLD BASEBALL CLASSIC>

 【ロサンゼルス細谷拓海】野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表「侍ジャパン」(2次リーグE組1位)は、21日午後6時(日本時間22日午前10時)から当地のドジャースタジアムで準決勝の米国(同F組2位)戦に臨む。先発は日本が菅野(巨人)、米国がロアーク(ナショナルズ)。米国は救援の駒がそろうだけに、先行逃げ切りパターンに持ち込めるかどうかが日本の鍵を握る。

 米国は28人全員が現役の米大リーガー。中でもリリーフには通算168セーブのメランソン(ナショナルズ)やダイソン(レンジャーズ)、ミラー(インディアンス)ら好投手が控える。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文841文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集