WBC

準決勝米国戦 日本、四回に先制点許す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本-米国】力投する日本の先発・菅野=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2017年3月21日、久保玲撮影
【日本-米国】力投する日本の先発・菅野=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2017年3月21日、久保玲撮影

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝の日本代表「侍ジャパン」対米国戦が22日(日本時間)、米ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、米国は四回、1点を先制。0-0の均衡を破った。

 米国は四回表、敵失と四球で2死一、二塁のチャンスをつかむと、マカチェンが左前適時打を放ち1点を挙…

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文229文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集