海のレッドリスト

絶滅危惧に56種 環境省

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オガサワラサンゴ=千葉県立中央博物館の立川浩之さん提供
オガサワラサンゴ=千葉県立中央博物館の立川浩之さん提供

 環境省は21日、絶滅危惧種などを掲載する「海洋生物レッドリスト」を公表した。陸域の生物については1991年以降評価してきたが、海の生物のリストは初めて。オガサワラサンゴが絶滅と認定されたほか、56種が絶滅危惧種となった。ただ、情報不足で評価が困難だった種が全掲載種の約半数を占め、詳しい調査の必要性が浮き彫りとなった。

 環境省によると、魚類やサンゴ類、甲殻類など5分類、約1万120種について文献や専門家の意見などを基に評価した。国際的に管理されるマグロやカジキ類、水産庁が評価するニシンやブリなど主に食用魚は対象外。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文650文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集