ベネッセ情報流出

元システムエンジニア減刑 東京高裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 通信教育大手ベネッセコーポレーションの顧客情報を不正にコピーして外部に流したとして不正競争防止法違反に問われた元システムエンジニア、松崎正臣被告(42)の控訴審判決で、東京高裁は21日、懲役3年6月、罰金300万円とした1審・東京地裁立川支部判決を破棄し、懲役2年6月、罰金300万円を言い渡した。

 朝山芳史裁判長は「システムエンジニアのモラルを欠き、ベネッセに多大な損害を与えて信頼を失墜させた結果は重大だ」と被告の責任を重く認…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

あわせて読みたい

注目の特集