メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島原発事故

3900人集団訴訟は結審 判決10月

 東京電力福島第1原発事故当時、福島県や隣県に住んでいた約3900人が国と東電に対し、放射線量を事故前の水準に戻すことや慰謝料を求めている集団訴訟が21日、福島地裁(金沢秀樹裁判長)で結審した。判決は10月10日。全国20地裁・支部で起こされている同種の訴訟で、原告数は最多で、全体の3分の1近くを占める。

 原告側は、東電と国が巨大津波による過酷事故が起きる可能性を認識しながら安全対策を怠ったと主張。除染…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文481文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです