国交省

エレベーターを障害者優先 マーク設置義務化へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国土交通省は21日、鉄道駅など全国の旅客施設のエレベーターに、障害者や高齢者が優先利用できることを示す「優先マーク」の設置を義務づける方針を固めた。マークを掲げることで優先順位を強調し、一般客には階段やエスカレーターの利用を促す。

 マークの設置対象は主に鉄道駅、バスターミナル、空港、旅客船ターミナルなどのエレベーター。国交省はバリアフリー法に基づく省令を改正し、旅客施設の…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集