メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

的川博士の銀河教室

440 地球外生命を探して/4

木星もくせい衛星えいせいエウロパで

 最近さいきん木星もくせい衛星えいせいエウロパが、「もしかすると生命せいめいがいるかも」と注目ちゅうもくびるようになりました。エウロパへは、NASAナサ探査機たんさきおくろうと計画けいかくしています。しかも場合ばあいによっては、フライバイ(接近せっきんしてとおぎるタイプ)とランダー(着陸ちゃくりくするタイプ)とを別々べつべつにね。

     今月初こんげつはじめに正式せいしきに「エウロパ・クリッパー」(1)と命名めいめいされた探査機たんさきは、フライバイのほうです。以前いぜんから予算よさんがつき、すで予備設計よびせっけい段階だんかいはいっているのですが、ランダー(2)のほうは、今年ことしの2がつになって、科学者かがくしゃたちがミッションの目的もくてき技術的ぎじゅつてき見通みとおしを報告ほうこくしてから、やっと実現じつげんけてうごしたところ。

     ひとつのスケジュールあんによれば、まず2022ねんに「エウロパ・クリッパー」をげます。その最大さいだい目的もくてきは、このほし生命せいめい生存せいぞんてきしているかどうかを調しらべることです。「クリッパー」は、木星もくせいを2、3年間ねんかんにわたってぐるぐる周回しゅうかいしつつ、けい41かいエウロパに接近せっきんしては詳細しょうさい観測かんそくするのですが、木星もくせい磁場じば非常ひじょう強力きょうりょくなので、これをけながら、しかもくわしくエウロパを調しらべるためには、軌道きどう慎重しんちょうめる必要ひつようがあります。

    地球ちきゅううみより大量たいりょうみず

     エウロパは地球ちきゅうつきよりちょっとちいさいぐらいのおおきさで、あつさ25キロメートルの地殻ちかくしたに、ふかさが100キロメートルもある広大こうだいうみがあるとわれています。計算けいさんすると地球ちきゅううみよりはるかに大量たいりょうみずがあるはずです。「クリッパー」は、このほしちかづくたびごとに、搭載とうさいした機器ききでその表面ひょうめん内部ないぶ様子ようす調しらげます。こおりつらぬいて見通みとおせるレーダー、みず塩分えんぶん調しらべる磁場計測装置じばけいそくそうち表面近ひょうめんちかくのホット・スポットをさが赤外線せきがいせんカメラ、表面ひょうめんから噴水ふんすいのようにげているみず成分せいぶんをチェックする機器ききなど。

     とく重要じゅうようなのは可視光かしこうのカメラですね。表面ひょうめん様子ようすを1メートルの解像度かいぞうど全面ぜんめんにわたって調しらげます。現在最げんざいもっとくわしいエウロパの画像がぞう解像度かいぞうど6メートルほどですから、はやく「クリッパ-」の画像がぞうたいものですね。

     そのほかにも、わたしたちの太陽系たいようけいには、木星もくせい衛星えいせいガニメデ、土星どせい衛星えいせいエンケラドスなど、やはりうみがあって生命せいめい期待きたいてる天体てんたいがあります。これらの探査計画たんさけいかくたのしみです。(次回じかい番外編ばんがいへんです)


     ★的川泰宣まとがわやすのりさん

     ながらく日本にっぽん宇宙開発うちゅうかいはつ最前線さいぜんせん活躍かつやくしてきた“宇宙博士うちゅうはかせ”。現在げんざい宇宙航空研究開発機構うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこうJAXAジャクサ)の名誉教授めいよきょうじゅYACヤック顧問こもん、「KU-MAクーマ名誉会長めいよかいちょう、「はまぎんこども宇宙科学館うちゅうかがくかん館長かんちょうつとめる。


    日本宇宙少年団にほんうちゅうしょうねんだん(YOUNG ASTRONAUTS CLUB-JAPAN)

     宇宙好うちゅうずあつまれ!! http://www.yac-j.or.jp

    NPO法人ほうじん ども・宇宙うちゅう未来みらいかい(KU-MAクーマ

     宇宙教育うちゅうきょういくサポーターあつまれ!! http://www.ku-ma.or.jp

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
    2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
    3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
    4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
    5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです