メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

がん治療時の口のケアは 欠かせない歯科での処置

唾液腺マッサージ

 がん治療なのに、どうして口の中のケアをするのだろう? 無関係のようだが、がん治療のつらい副作用の一つに口内炎がある。口の中全体がただれてしまうような重症の場合は、食事ができなくなるなど治療中のQOL(生活の質)の低下につながる。口腔(こうくう)ケアの基礎知識をまとめた。【庄司哲也】

口内炎、重症化しがち/「在院日数」の短縮も/つらい時はうがいを

 「口内炎と聞くと、小さな傷を思い浮かべるかもしれません。しかし、がん治療の副作用による口内炎は、口全体に炎症が広がって重症になるケースがあります。2009年に当院で行われた抗がん剤治療による副作用のつらさを尋ねたアンケート調査では、男性の4番目に『口内炎のつらさ』が位置づけられたほどです」。こう説明するのは国立がん研究センター歯科医長の上野尚雄さんだ。

 口の中は元々、細菌が非常に多く生息している場所だ。抗がん剤の治療で起こる副作用の一つの「骨髄抑制」…

この記事は有料記事です。

残り1937文字(全文2338文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「『ちぇるちぇるらんど』すいません」に玉城知事「デニーズは僕の店…」 表敬訪問 /沖縄
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです