メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

青木「参加して良かった」 侍ジャパン唯一の大リーガー 一丸で戦う、自ら率先 若い才能、大いに刺激

2次リーグのイスラエル戦で二塁打を放ち、ユニホームの「JAPAN」をアピールする青木宣親=東京ドームで2017年3月15日、久保玲撮影

 今回のWBCで4強入りした侍ジャパンを引っ張った青木宣親外野手(アストロズ)は、21日に準決勝の米国戦で敗れた後、「みんな全力を出し切ったと思う」と振り返った。チームで最年長の35歳、唯一の米大リーガーは「力になりたい」と強く志願して今大会に出場。3度目の世界一には届かなかったが「参加して良かったし、日本の才能のある選手たちとプレーできたことを誇りに思う」と晴れやかな表情を浮かべた。

 マリナーズでプレーしていた昨季、視察に訪れた小久保監督に「どんな状況でも、必要であれば喜んで参加し…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです