WBC

青木「参加して良かった」 侍ジャパン唯一の大リーガー 一丸で戦う、自ら率先 若い才能、大いに刺激

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2次リーグのイスラエル戦で二塁打を放ち、ユニホームの「JAPAN」をアピールする青木宣親=東京ドームで2017年3月15日、久保玲撮影
2次リーグのイスラエル戦で二塁打を放ち、ユニホームの「JAPAN」をアピールする青木宣親=東京ドームで2017年3月15日、久保玲撮影

 今回のWBCで4強入りした侍ジャパンを引っ張った青木宣親外野手(アストロズ)は、21日に準決勝の米国戦で敗れた後、「みんな全力を出し切ったと思う」と振り返った。チームで最年長の35歳、唯一の米大リーガーは「力になりたい」と強く志願して今大会に出場。3度目の世界一には届かなかったが「参加して良かったし、日本の才能のある選手たちとプレーできたことを誇りに思う」と晴れやかな表情を浮かべた。

 マリナーズでプレーしていた昨季、視察に訪れた小久保監督に「どんな状況でも、必要であれば喜んで参加します」と伝えた。2012年から米国でプレーを続けたことで芽生えた日本への思いからだった。大リーグ6年目の今季は5球団目となるアストロズへ移籍。定位置獲得に向けたアピールも必要だが「WBCに出ることへの気持ちが勝っていた」と迷いはなかった。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文945文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集