メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

連携中枢都市

八戸都市圏スクラム 8市町村で形成 /青森

調印式を終え、スクラムを組んで新しいスタートに意気込む8市町村の首長ら=八戸市で

 八戸圏域(八戸市、三戸、五戸、田子、南部、階上、おいらせの6町、新郷村)の地域経済活性化などを目指す「八戸圏域連携中枢都市圏」の連携協約調印式が22日、同市の八戸地域地場産業振興センターで行われた。連携中枢都市圏の形成は県内初。東北では2番目、全国では18番目になる。各首長らはスクラムを組んで圏域の発展を目指す決意を新たにしていた。

 調印式には同圏域を構成する8市町村から首長や首長代理らが出席。新年度から取り組む事業をまとめた「都市圏ビジョン」を公表した。「八戸都市圏スクラム8(エイト)」の愛称とロゴも発表された。

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文621文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  2. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  3. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  4. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

  5. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです