メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒だし

平安の調味料を家庭で 四醤ブレンドし開発 日田の「まるはら」、来月1日発売 /大分

四醤をブレンドした「黒だし」(右端)を説明する原社長

 日田市中本町のしょうゆ・みそメーカーのまるはら(原正幸社長)が、平安時代の発酵調味料「醤(ひしお)」4種類(穀醤、魚醤、肉醤、草醤)をブレンドし、一般消費者向けの新商品「黒だし」を開発した。和・洋・中華・エスニックなど幅広い料理の旨みを引き出すといい、4月1日から同店で発売を開始。県内から福岡、東京、大阪などにも順次、販路拡大する。【楢原義則】

 同社は、平安時代の934年ごろに編まれた辞書「和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」に、4種類の醤が出てくることに着目。2000年ごろから、日田特産のアユを利用した国内初の天然発酵調味料「鮎魚醤」(特許登録)を開発した。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ交付金で宇宙展示、トイレ改修、鐘… 佐賀県知事に議会で疑問噴出

  2. パシフィコなどでの大規模イベント誘致へ コロナ対策徹底、助成に応募多数 横浜

  3. 山形市の「初市」 位置情報使い、来場者常時5000人に制限 LINEで通知も

  4. クローズアップ GoToトラベル自粛要請 政府と都、急転決着 押しつけ合いの末

  5. 新型コロナ 全国最多4990人、届かぬ支援 自宅療養、不安だらけ 単身者の食事、買い出し行くしか…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです