メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒だし

平安の調味料を家庭で 四醤ブレンドし開発 日田の「まるはら」、来月1日発売 /大分

四醤をブレンドした「黒だし」(右端)を説明する原社長

 日田市中本町のしょうゆ・みそメーカーのまるはら(原正幸社長)が、平安時代の発酵調味料「醤(ひしお)」4種類(穀醤、魚醤、肉醤、草醤)をブレンドし、一般消費者向けの新商品「黒だし」を開発した。和・洋・中華・エスニックなど幅広い料理の旨みを引き出すといい、4月1日から同店で発売を開始。県内から福岡、東京、大阪などにも順次、販路拡大する。【楢原義則】

 同社は、平安時代の934年ごろに編まれた辞書「和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」に、4種類の醤が出てくることに着目。2000年ごろから、日田特産のアユを利用した国内初の天然発酵調味料「鮎魚醤」(特許登録)を開発した。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです