東日本大震災

第2回がんばっぺ福島!応援の集い 食べて飲んで支えて 企業・県人会員ら600人復興願う

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 福島県の復興を支援するイベント「第2回がんばっぺ福島! 応援の集い」が、東京都中央区のベルサール東京日本橋であった。普段の生活の中で福島県産の日本酒や料理を味わうことで、息の長い支援に結びつけようと、昨年に続き実施された。趣旨に賛同した企業や東京福島県人会のメンバーら約600人が「食援」「酒援」の時間を過ごした。【坂巻士朗、写真・松田嘉徳】

 イベントの冒頭、参加者全員で黙とう。第1部では「福島の今」と題して、内堀雅雄・福島県知事と今村雅弘復興相が対談した。小泉敬太・毎日新聞中部本社代表(福島市出身)がコーディネーターとして進行し、知事はグラフや地図で現状を伝え、「皆さんの応援を力に福島のプライドを取り戻したい」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り915文字(全文1231文字)

あわせて読みたい

注目の特集