卵子提供

第三者卵子で出産 進む現実、法整備遅れ 子の立場不安定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
第三者からの卵子提供
第三者からの卵子提供

 病気のため自分の卵子で妊娠できない女性が、国内では初めて匿名の第三者から卵子提供を受けて女児を出産したと、仲介した神戸市のNPO法人が22日、発表した。国内での卵子提供は一部医療機関で姉妹や友人間に限って実施されており、不妊治療の幅が広がる期待がある。一方、親子関係や子が出自を知る権利などが不明確なまま現実が先行する事態に、専門家らは「子の幸福の観点から法整備が急務」と訴える。【千葉紀和】

 記者会見した「卵子提供登録支援団体(OD-NET)」によると、出産したのは、若いうちに月経がなくなる早期閉経の40代女性。無償を条件に提供に応じた30代女性の卵子と、夫の精子を体外受精して作った受精卵を子宮に戻し、今年1月に出産した。女児は健康で、患者の費用は約100万円という。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1069文字)

あわせて読みたい

注目の特集