メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京電力

新事業計画骨子 脱国有化先送り 19年度に判断

 東京電力ホールディングスは22日、新しい再建計画「新々総合特別事業計画」(新々総特)の骨子を発表した。福島第1原発の事故対策費が従来想定から倍増したため、2017年度に予定していた脱国有化の判断は19年度に先送りする。収益力向上のため送配電や原発事業での再編を目指し、国内他電力との再編準備を議論する円卓会議を早期に設置する。ただ、他電力は再編に慎重で、計画通りに実現できるかは見通せない。計画が滞れば国民負担の増加につながる恐れもある。

 東電は14年に策定した前回の再建計画「新総合特別事業計画」(新総特)で、国の原子力損害賠償・廃炉等…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文847文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです