メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

徳島・鳴門で誕生

吐きもどしの行動をするコウノトリ=徳島県鳴門市で、観察ボランティアの沖野智美さん撮影

 兵庫県豊岡市周辺から徳島県鳴門市へ2015年春に飛来してすみ着いた国の特別天然記念物・コウノトリのつがいに、ひなが誕生した。観察を続けるコウノトリ定着推進連絡協議会が22日、「親鳥の行動から推定される」と発表した。1971年に国内の野生種が絶滅した後、コウノトリの野生復帰に取り組む豊岡市周辺以外での野外繁殖は初めて。

 徳島県などでつくる同協議会によると、つがいが田園地帯の電柱の上に作った巣を観察している無人カメラで…

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです