メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

那須どうぶつ王国

「熱帯の森」オープン 開園20年目

柵を設けずに動物が放し飼いにされたエリアのある「熱帯の森」=2017年3月17日、柴田光二撮影

 栃木県那須町大島の「那須どうぶつ王国」は、4月に開園20年目を迎えるのを記念し、室内施設「熱帯の森」をオープンした。

 熱帯の森は広さ約400平方メートル。熱帯植物や動物、魚類の息吹と鼓動を間近に体感してもらうことを目指している。中央に楕円(だえん)形の池を設置し、二つの島に大木や木の枝を巡らせ、岩を置くなどして熱帯林の自然をイメージ…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです