メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

姫路こども園

超過保育料使わず節約…市、詐欺容疑告訴も

説明会に参加するため園内に入る保護者ら=兵庫県姫路市飾磨区の「わんずまざー保育園」で2017年3月21日、山縣章子撮影

 兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」が定員を超す園児を受け入れていた問題で、小幡育子園長が超過した22人分の保育料を徴収しながら園の運営に使わず、給食の量を減らすなどして節約し保育環境を悪化させていたことが分かった。正規の園児46人分の保育料や市からの給付金で在園68人分の保育を賄っていた。保育士数の水増しによる給付金の不正受給も判明しており、市は詐欺容疑での刑事告訴も検討している。

 園は、2015年春のこども園認定当初から私的契約で園児を受け入れ、毎月の保育料2万~4万円や給食費…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです