メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

青木「参加して良かった」…一丸で闘う、自ら率先

米国戦で中越え本塁打を放った菊池(手前)を迎える青木=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2017年3月21日、久保玲撮影

 今回のWBCで4強入りした侍ジャパンを引っ張った青木宣親外野手(アストロズ)は、21日に準決勝の米国戦で敗れた後、「みんな全力を出し切ったと思う」と振り返った。チームで最年長の35歳、唯一の米大リーガーは「力になりたい」と強く志願して今大会に出場。3度目の世界一には届かなかったが「参加して良かったし、日本の才能のある選手たちとプレーできたことを誇りに思う」と晴れやかな表情を浮かべた。

 マリナーズでプレーしていた昨季、視察に訪れた小久保監督に「どんな状況でも、必要であれば喜んで参加し…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです