メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

青木「参加して良かった」…一丸で闘う、自ら率先

米国戦で中越え本塁打を放った菊池(手前)を迎える青木=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2017年3月21日、久保玲撮影

 今回のWBCで4強入りした侍ジャパンを引っ張った青木宣親外野手(アストロズ)は、21日に準決勝の米国戦で敗れた後、「みんな全力を出し切ったと思う」と振り返った。チームで最年長の35歳、唯一の米大リーガーは「力になりたい」と強く志願して今大会に出場。3度目の世界一には届かなかったが「参加して良かったし、日本の才能のある選手たちとプレーできたことを誇りに思う」と晴れやかな表情を浮かべた。

 マリナーズでプレーしていた昨季、視察に訪れた小久保監督に「どんな状況でも、必要であれば喜んで参加します」と伝えた。2012年から米国でプレーを続けたことで芽生えた日本への思いからだった。大リーグ6年目の今季は5球団目となるアストロズへ移籍。定位置獲得に向けたアピールも必要だが「WBCに出ることへの気持ちが勝っていた」と迷いはなかった。

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  2. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  3. 加藤厚労相、新型肺炎に「インフル治療薬アビガン使用を検討」 テレビ番組で表明

  4. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです