メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

徳島でひな誕生 兵庫から飛来

ひなに餌を与えているような行動を取るコウノトリ=徳島県鳴門市で2017年3月22日、観察ボランティアの沖野智美さん撮影

 兵庫県豊岡市周辺から徳島県鳴門市へ2015年春に飛来してすみ着いた国の特別天然記念物・コウノトリのつがいに、ひなが誕生した。観察を続けるコウノトリ定着推進連絡協議会が22日、「親鳥の行動から推定される」と発表した。1971年に国内の野生種が絶滅した後、コウノトリの野生復帰に取り組む豊岡市周辺以外での野外繁殖は初めて。

 徳島県などでつくる同協議会によると、つがいが田園地帯の電柱の上に作った巣を観察している無人カメラで…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです